元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 学資保険によくある疑問

スポンサーサイト


学資保険によくある疑問


気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

Q1、生命保険は学資保険で補える?

以前は学資保険と言えばこどもの教育費用を貯蓄するために利用される場合がほとんどでしたが、現在の学資保険では様々な保障が充実し、その種類も多種多様です。やはり主たる目的はこどもの教育資金を準備するところにありますが、医療保障や死亡保障などが含まれる学資保険のプランにおいて、その商品内容が十分満足できるものであるならば、学資保険加入後に敢えて生命保険会社が扱う他の生命保険に加入する必要はないでしょう。

もちろんそういった保障に特化した保険に加入したいと考えているのであれば、学資保険のみならず他の生命保険にも目を向けることを強くお勧めします。ですが、既に保障型の学資保険に加入済みであり、その内容に満足しているのなら、他の生命保険への加入は経済的負担を大きくするだけの結果となります。

▲サイトトップへ戻る

Q2、貯金があれば、学資保険は必要ない?

学資保険は、加入が義務つけられているわけではないので、必ずしも加入しなければならないわけではありません。利用するも利用しないも個人の自由です。十分な蓄えを備えており、これからのこどもの教育段階で要される学資、教育資金、その他諸々の雑費をすべて自分でまかなえる場合であれば、特に学資保険を利用する必要もないかもしれません。

ですが、学資保険は基本的に「計画的に学資を貯蓄」するという目的とともに、「いざという時、万一の時に備える」といった意味合いも多分に含まれます。また、学資保険加入後に契約者に万一のことがあった場合でも契約は継続され、さらに支払いは免除されるので、やはり学資保険に加入しておくと何かと安心できるでしょう。

▲サイトトップへ戻る

Q3、学資保険と積み立て貯蓄の違いは?

学資保険は満期を迎えた時点で満期金を受け取ることができる保険なので、積み立て貯蓄と同じものであると考える人も中にはいるようです。ですが、いくら「貯蓄型保険」とは言っても、学資保険はあくまで「保険」です。積み立て貯蓄では積み立ててあった金額しか払い戻されませんが、学資保険ではそのほかに様々な内容でいざという時のための保障を充実させています。

ここに学資保険と積み立て貯蓄の決定的な違いを見出すことができます。更に学資保険においては、保険の満期までに何事もなく過ごすことができれば、月々に払い込んだ保険料の総額よりも多い金額の満期金を受け取ることができる場合もあります。これらから、学資保険と積み立て貯蓄は根本的に異なるものであると言えます。

▲サイトトップへ戻る

Q4、学資保険は誰でも契約することができる?その1

学資保険の契約は、基本的に誰でも結べます。こどもを被保険者とし、その契約者が特にこどもの親でなければならないと取り決められているわけではありません。一例として、こどもの祖父母が契約者になることも可能ではあります。ただし、各保険会社や契約プランなどによっては、契約者の条件として年齢による制限が設けられている場合もあります。

これについては各々の保険会社または郵便局など、自分の希望する学資保険の契約窓口に問い合わせて確認するのが一番良いです。参考までにおおよその目安としては、保険契約者は男性18歳、女性は16歳から、55歳までの年齢である人と考えれば良いでしょう。また、契約者と同じくして、被保険者に関してもそれぞれのプランによって扱われる年齢幅が異なってくるので、これについてもしっかり確認をしておきたいところです。

▲サイトトップへ戻る

Q5、学資保険は誰でも契約することができる?その2

前項の続きとなりますが、学資保険では基本的に契約者を特定する厳密な取り決めなどはありませんが、加入時の審査により契約者、被保険者に何らかの問題があった場合、学資保険に加入することができないというケースはあります。多くは契約者、被保険者の健康状態により審査の合否が決定され、特に何らかの持病を持っている人などにとっては多少不利になってしまう点があるのは否めません。

学資保険もやはりれっきとした保険であり、プランによっては生命保険と同様の内容を扱うものも存在するため、加入前には契約者、被保険者の健康状態についての詳細を、告知書によって保険会社に告知する必要があります。これによって学資保険への加入を認められない場合もあるというわけです。

気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

▲サイトトップへ戻る