元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 学資保険を扱う主な会社 > 太陽生命

スポンサーサイト


太陽生命

太陽生命

太陽生命の学資保険では、祝金を4歳、6歳、9歳、12歳、15歳、18歳、20歳、22歳と、最大(被保険者が0歳、1歳で22歳満期の場合)で8回受け取ることができます。これらは自動的に据え置かれ、いつでも引き出すことが可能となります。また、こちらでも育英年金の特約を付加することができ、それを利用した場合は契約者の死亡時、または高度障害時以降、保険料の支払いが免除されるとともに契約満期までの間、毎年育英年金を受け取ることができます。

育英年金だけに限らず、太陽生命の学資保険はどちらかというと「保障型」としての色合いが強く、様々な種類の充実した保障、特約が用意されているのも特徴的です。教育資金の積立よりも、保障内容を充実させたい人に適した内容だと言えます。

▲サイトトップへ戻る

概要

太陽生命

「わくわくポッケ」
http://www.taiyo-seimei.co.jp/products/index.html?t=kojin02

満期設定できる年齢 18歳・22歳
祝い金を受け取れる年齢 4歳・6歳・9歳・12歳・15歳・18歳・20歳・22歳(満期金)
請求しなければ自動据え置きになる
加入するための子どもの年齢制限 0~12歳
親に死亡・重度障害が起きたとき その後の払い込みが免除
育英年金の特約を付けた場合は、 育英年金が毎年受け取れる
子どもに死亡・重度障害が起きたとき その後の払い込みが免除

▲サイトトップへ戻る