元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 学資保険を扱う主な会社 > 郵便局・かんぽの学資保険

スポンサーサイト


かんぽの学資保険

郵便局・かんぽの学資保険

学資保険として代表的な郵便局・かんぽ(簡易保険)の学資保険の特色としては、まずその信頼性でしょう。標準的とも言える保険内容とともに、郵便局の学資保険には実績があります。また、郵便局の学資保険は大きく二つの種類に分けられ、一つは「学資保険」、もう一つは「育英学資」です。双方とも祝金の受け取り時期は高校進学を想定した「15歳満期」と大学進学を想定した「18歳満期」で、このほかにも大学進学を念頭に中学、高校進学時の生存保険金(一時金、または祝金)を受け取ることができる「18歳満期生存保険金」と、大学進学時と20歳時に生存保険金を受け取ることができる「22歳満期生存保険金付」などがあります。学資保険と育英学資の大きな違いは、育英年金がついているかついていないかの違いとなります。

▲サイトトップへ戻る

概要

かんぽ生命

「5年ごと利差配当付き学資保険」
http://www.jp-life.japanpost.jp/products/lineup/gaksi/prd_lu_gks_gaksi01.html

満期設定できる年齢 15歳・18歳・18歳(生存保険金付き)・22歳(生存保険金付き)
祝い金を受け取れる年齢 18歳満期(生存保険金付き)の場合
12歳・15歳
22歳満期(生存保険金付き)の場合
18歳・20歳
加入するための子どもの年齢制限 15歳満期の場合
0~10歳
18歳満期の場合
0~12歳
18歳満期(生存保険金付き)の場合
0~9歳
22歳満期(生存保険金付き)の場合
0~12歳
親に死亡・重度障害が起きたとき その後の払い込みが免除
育英年金付きの場合は育英年金も受け取れる
子どもに死亡・重度障害が起きたとき 死亡給付金が支払われる

▲サイトトップへ戻る