元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 学資保険を扱う主な会社 > JA共済

スポンサーサイト


JA共済

JA共済

JAの学資保険(こども保険)では、大きな特徴が主に3つに分けられます。1つはこどもの幼稚園への入園時、小学校、中学校、高校、大学への入学、進学のタイミングに合わせて祝金を受け取ることができるというものです。もう1つの大きな特徴として、JA共済の学資保険は掛け捨てタイプでないので、契約満期時に共済金を受け取ることができるということです。

養育年金つきの契約をした場合は、契約者が死亡、または第一級後遺障害状態になった時に、以後の払込が免除され、毎年養育年金を受け取ることができます。祝金や共済金なども通常の契約内容に基づいて支払われます。最後に、共済金割増支払特則を付けて契約をすると、被保険者が死亡、または第一級後遺障害状態になったときに、年齢に応じて共済金が割増して支払われます。加えて、JA共済は非営利組織であるため、掛金が安く保障内容もしっかりしているということも大きな特徴であると言えるでしょう。

▲サイトトップへ戻る

概要

JA共済

「こども共済 にじ・えがお」
http://www.ja-kyosai.or.jp/product/human/kodomo.html

満期設定できる年齢 18歳・22歳
祝い金を受け取れる年齢 3歳・5歳・11歳・14歳・17歳
親に死亡・重度障害が起きたとき その後の払い込みは免除、毎年養育年金を受け取れる
子どもに死亡・重度障害が起きたとき 死亡給付金が支払われる

▲サイトトップへ戻る