元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 学資保険を扱う主な会社

スポンサーサイト


学資保険を扱う主な会社

ソニー生命

ソニー生命は貯蓄性に重点を置いた、学資保険においてはもっとも人気のある保険会社の一つです。大きな特色としては、被保険者であるこどもに万一のことがあった場合、それまでに払い込んだ保険料の全額が払い戻されるという制度を設けており、また、元本割れをしない信頼性の高い学資保険として大きな人気を集めています。契約者の死亡時や重度障害時などには保険料の支払いは免除され、もちろん学資金も支払われます。

こどものための教育資金を確実に貯められるということから人気の高い商品ではありますが、しかしその反面、保障内容は幾分がランクを下げており、こどもの医療保障はなく、死亡保障も少なめに設定されています。これにより貯蓄性が高くなっているため、保障は求めずに貯蓄に重点を置きたい人には最適な商品と言えます。ソニー生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

郵便局・かんぽの学資保険

学資保険として代表的な郵便局・かんぽ(簡易保険)の学資保険の特色としては、まずその信頼性でしょう。標準的とも言える保険内容とともに、郵便局の学資保険には実績があります。また、郵便局の学資保険は大きく二つの種類に分けられ、一つは「学資保険」、もう一つは「育英学資」です。双方とも祝金の受け取り時期は高校進学を想定した「15歳満期」と大学進学を想定した「18歳満期」で、このほかにも大学進学を念頭に中学、高校進学時の生存保険金(一時金、または祝金)を受け取ることができる「18歳満期生存保険金」と、大学進学時と20歳時に生存保険金を受け取ることができる「22歳満期生存保険金付」などがあります。学資保険と育英学資の大きな違いは、育英年金がついているかついていないかの違いとなります。郵便局・かんぽの学資保険の詳細

▲サイトトップへ戻る

アメリカンファミリー

テレビCMでお馴染みのアフラックの「かわいいこどもの保険」でも、やはり教育資金が必要となる高校進学時(15歳)と、大学進学時(18歳)をサポートしています。またもっとも大きな特徴としては、祝金額を幅広く設定することができるということです。18歳時に受け取ることのできる学資祝金額は100万円から800万円までを10万円単位で設定することができます。

また、15歳時に受け取る学資祝金額は、基準祝金額の30%となります。保険料払込免除特約をつけて契約した場合は、契約者に万一のことがあった時に以後の保険料の払込が免除されます。なお、被保険者の契約年齢は、保険料払込免除特約付きで満0歳から満5歳、保険料払込免除特約なしで満0歳から満7歳となっています。アメリカンファミリーの詳細

▲サイトトップへ戻る

JA共済

JAの学資保険(こども保険)では、大きな特徴が主に3つに分けられます。1つはこどもの幼稚園への入園時、小学校、中学校、高校、大学への入学、進学のタイミングに合わせて祝金を受け取ることができるというものです。もう1つの大きな特徴として、JA共済の学資保険は掛け捨てタイプでないので、契約満期時に共済金を受け取ることができるということです。

養育年金つきの契約をした場合は、契約者が死亡、または第一級後遺障害状態になった時に、以後の払込が免除され、毎年養育年金を受け取ることができます。祝金や共済金なども通常の契約内容に基づいて支払われます。最後に、共済金割増支払特則を付けて契約をすると、被保険者が死亡、または第一級後遺障害状態になったときに、年齢に応じて共済金が割増して支払われます。加えて、JA共済は非営利組織であるため、掛金が安く保障内容もしっかりしているということも大きな特徴であると言えるでしょう。JA共済の詳細

▲サイトトップへ戻る

住友生命

住友生命の「こどもすくすく保険」でもそれぞれの学資祝金、満期祝金が支払われますが、被保険者の死亡時などに支払われる死亡保障などについては、他社の一般的な学資保険よりも少なめであると言えます。しかしそのため、保険料の払込期間を保険期間よりも短く設定することができ、18歳満期のプランにおいては18歳払込満了のほかの15歳払込満了、12歳払込満了などのプランも選べるようになっています。

これによって学資保険そのものの貯蓄性も高まり、こどもが小学校、中学校を卒業するまでの短期間で教育資金の積み立てを終えることができるのが、「こどもすくすく保険」の大きな魅力と言うことができるのではないでしょうか。また、「こどもすくすく保険」では親だけに限らず、被保険者の祖父母も契約者になることができるのも特徴でしょう。住友生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

菊池ファイナンシャルグループ

菊池ファイナンシャルグループによる「STI学資積立プラン」は、他社で扱う通常の学資保険とはシステムが少々異なり、こちらはカナダ国債やアメリカ国債を利用して学資金を積み立てるというプランが用意されています。実質的にそもそも「学資保険」とは異なるため、たとえば契約者の死亡時に以後の払込が免除されるというシステムは無く、その場合は契約者を変えて契約を継続するか、もしくは解約するかということになります。

契約者、被保険者に対する保障は皆無であり、純粋に「教育資金の貯蓄」を目的とした「STI学資積立プラン」は、資金の積立だけを目的にした人に適していると言えるでしょう。また、保険料の払込も月払いではなく、「一括払い」、「年払い」、「5年払い(5年分を一度に支払う払込方法)」、「あるとき払い(支払い年数や期間などを決めない払込方法)」の4つのコースに分かれているのが特徴的です。菊池ファイナンシャルグループの詳細

▲サイトトップへ戻る

AIGエジソン生命

愛児成長保険という学資保障を取り扱う「AIGエジソン生命」の学資保険は、「STI学資積立プラン」とは逆に保障内容に充実性をもとめた、いわゆる「保障型」の学資保険となっています。受け取ることができる祝金の割合はあらかじめ決められていますが、祝金の支払われる時期が3歳、5歳、11歳、14歳、17歳と多いことが嬉しいところです。

また、主契約に「こども特約」を付加することにより、こどもの病気や怪我による入院時、手術時も保障されるといった、充実した保障プランを利用することができます。企業背景としても世界最大級の保険・金融サービスグループであるAIGの一員であることから、信頼性の高い保険内容を期待することができます。AIGエジソン生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

第一生命

第一生命が取り扱う学資保険「ミッキー」では、こどもの小学校、中学校、高校、大学入学時のそれぞれの時期に祝金を受け取ることができるほか、契約満期時には満期保険金を受け取ることができます。また契約者が死亡、高度障害状態になった場合などは、以後の保険料の払込が免除となります。

「ミッキー」の特徴としては、特約で育英年金を付加することができるというところでしょう。育英年金特約を付加すると、契約者に万一のことがあった場合に、それぞれの学資金、満期保険金の通常の受け取りに加え、契約満期まで毎年育英年金を受け取ることができます。また同時に、満期時に被保険者が生存していた場合、満期保険金と合わせて特約満期給付金を受け取ることができます。第一生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

太陽生命

太陽生命の学資保険では、祝金を4歳、6歳、9歳、12歳、15歳、18歳、20歳、22歳と、最大(被保険者が0歳、1歳で22歳満期の場合)で8回受け取ることができます。これらは自動的に据え置かれ、いつでも引き出すことが可能となります。また、こちらでも育英年金の特約を付加することができ、それを利用した場合は契約者の死亡時、または高度障害時以降、保険料の支払いが免除されるとともに契約満期までの間、毎年育英年金を受け取ることができます。

育英年金だけに限らず、太陽生命の学資保険はどちらかというと「保障型」としての色合いが強く、様々な種類の充実した保障、特約が用意されているのも特徴的です。教育資金の積立よりも、保障内容を充実させたい人に適した内容だと言えます。太陽生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

三井住友海上きらめき生命

三井住友海上きらめき生命の学資保険は保障型の学資保険となっており、こどもの怪我や病気、入院や手術などにも対応した保障内容を期待できます。また、こちらも他の学資保険同様、契約者が万一の時には保険料支払いの免除が適用され、以後、契約満期まで毎年の育英年金を受け取ることができます。その場合でも祝金は通常通り支払われます。

三井住友海上きらめき生命の学資保険で、他社には見られない大きな特徴として「育児相談サービス」というものがあります。これは、窓口を通して、学資保険の契約や内容に関することに限らず、育児やこどもの教育など、こどもの教育段階でつきまといがちな「育児の悩み」などの相談を行うことができるというサービスで、初めて育児に取り組むという人にとっては心強い味方となってくれるでしょう。三井住友海上きらめき生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

日本生命

日本生命(ニッセイ)の学資保険は、保険契約者に万一のことがあった場合に、「育英年金」を受け取ることができるという保障型としては典型的なプランを用意しています。豊富な種類の特約が用意されており、特約の付加によって契約の満期までこどもの病気や怪我、入院や手術に備えることができるとともに、契約者が死亡、高度障害になった際には以後の保険料支払いは免除されます。

また、以降満期までの育英年金によるバックアップ制度も設けられています。こどもの入学時、進学時に支払われる祝金は据え置くことが可能となっており、引き出しが自由に行えます。保障重視型の学資保険ということで保障内容を充実させることが可能ですが、それだけに最終的には返戻率が100%を下回ってしまうので、貯蓄よりも保障を重視したい人に向いた保険と言えるでしょう。日本生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

大同生命

大同生命の学資保険はいたってシンプルな仕組みとなっており、育英年金が付加した典型的な保障型の学資保険です。18歳と20歳の二種類の満期から選択することができますが、医療保障などの各種特約を付加することはできなくなっているため、保険についての知識が疎い人や、保険が苦手だという人にも比較的とっつきやすい学資保険であると言えます。

各祝金は、小学校~大学までの入学時に支払われ、契約の満期を迎えたときは満期保険金が支払われます。また、契約者が死亡、高度障害、不慮の事故による身体障害になってしまった場合も、通常の契約内容に基づいた入学祝金、満期保険金が支払われ、以降、契約満期まで育成年金を受け取ることができます。この場合にはやはり保険料の払込は免除されます。大同生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

朝日生命

朝日生命の学資保険では、育英年金が付いたプランと付いていないプランから選択することができます。どちらも保障型の学資保険としての特徴を備えており、災害、疫病関係特約などの充実した医療特約が用意されています。また、育英年金付きの契約プランの場合は、契約者の死亡、または高度障害となった時に、保険金の支払い免除が適用されると同時に以後、契約の満期までの間、毎年育英年金を受け取ることができます。

祝金は幼稚園への入園時、小学校、中学校、高校、大学への進学時期に合わせて支払われ、契約満期時には満期保険金を受け取ることもできます。加えて、被保険者となるこどもが生まれる前からの保険加入が可能となっており、早めの教育資金対策を講じられる利点があります。朝日生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

フコク生命

フコク生命の学資保険「J型」では、主に大学進学資金を中心として計画的に積立が行われるプランが用意されています。また、「J型」の最大の特徴として「兄弟割引」という制度が設けられており、被保険者の兄弟が学資保険に限らず、フコク生命が取り扱う保険に加入済みの場合は、保険料が割引されます。もう一つの大きな特徴としては、被保険者となるこどもの出生予定日の140日前から学資保険に加入することができるという制度があり、これにより保険料支払いの満了時期を早くすることができます。

22歳満期の学資保険ですが、保険料の払込は18歳満期となっており、何かと出費のかさむ大学入学時に保険料による経済的負担を考えなくても良いところは、契約者にとっても嬉しいところではないでしょうか。フコク生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

東京海上日動あんしん生命

東京海上日動あんしん生命の学資保険は、契約者、被保険者の保障に重点を置いた保障型の学資保険です。祝金は小学校、中学校、高校、大学の入学時にそれぞれ支払われ、契約者の万一の時には育英年金とともに、以降の保険料の払込免除、通常通りの保険金の支払いがそれぞれ適用されます。

また、東京海上日動あんしん生命の学資保険の特色としては、5年ごとに配当金が支払われるというものが挙げられます。これは、責任準備金などの運用益が、会社の予定した額を越えた場合に契約者へと支払われるものであり、5年ごとに支払われます。また、被保険者であるこどもに対する保障を充実させた特約が、豊富に用意されているのも大きな特徴の一つと言えるでしょう。こどもの出生前に加入することが可能なのも嬉しいところです。東京海上日動あんしん生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

アリコジャパン

アリコ学資保険の「こども保険」でのその最大の特色は「学資金の積立と医療保障のどちらでも備えられる」というところにあるでしょう。学資保険の契約から5年経過後より21歳までの間、毎年決まった学資給付金が支払われますが、通常であれば自動的に据え置かれるところをアリコの「こども保険」では、必要に応じて自由に引き出すことができます。つまり、学資給付金を一度も引き出さなかった場合、それだけ返戻率も高くなり、より効率的に教育資金の積立を行うことができるというわけです。

また、アリコの「こども保険」では無事故ボーナス制度も設けられており、無事故ボーナス対象期間中に被保険者が入院などの給付金を受けなかった場合に支払われます。最終的な返戻率は100%を下回りますが、医療保障なども他社より充実しているのが魅力であると言えるでしょう。アリコジャパンの詳細

▲サイトトップへ戻る

損保ジャパンひまわり生命

損保ジャパンひまわり生命は、契約者、被保険者への保障に重点を置いた保障型の学資保険です。契約者が死亡、高度障害となった場合、以降の保険料払込は免除され、こどもに対する保障は満期まで継続されます。また、祝金などに加えて、契約満期まで毎年育英年金が支払われます。

損保ジャパンひまわり生命の特徴は、何よりもその保障内容の充実にあります。特に、被保険者の入院の有無にかかわらず、怪我や事故などによる通院保障は、契約の一日目から受けることができ、また、突然の入院や手術などに関しても、給付金でしっかりと対応してくれるところは、保障内容の充実を強く求める人には嬉しい制度ではないでしょうか。返戻率は100%を下回るので、保障を重視した人に向いた学資保険と言えます。損保ジャパンひまわり生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

三井生命

三井生命の学資保険では保障内容が充実しており、被保険者であるこどもの入院、手術、長期入院や退院後の通院、障害時の保障など、幅広い保障内容の豊富な特約が用意されているのが大きな特徴となっています。したがって保障型の学資保険であると言うことができますが、祝い金は3歳、6歳、9歳、12歳、15歳、18歳とそれぞれ受け取ることができ、貯蓄、保障ともに、非常にバランスよくプランを立てることが可能となっています。

また、特約も豊富に用意されており、それらを付加することによって保障内容を充実させることも可能です。契約者の死亡、高度障害の時には以降の保険料払込が免除されるのをはじめとし、被保険者であるこどもの死亡時にも死亡給付金を受け取ることができます。充実した保障を求める人に適した内容と言えるでしょう。三井生命の詳細

▲サイトトップへ戻る

明治安田生命

明治安田生命の学資保険では、契約の満期を18歳と22歳の2種類から選択することができ、主契約に医療保障と育英年金の特約を付加することができます。非常にシンプルな内容となっており、「被保険者であるこどもが所定の年齢に達した場合に祝金が支払われる」のをはじめとして、「契約の満期時に満期保険金が支払われる」、「契約者の死亡時、高度障害のときには以降の保険料の払込免除」など、保障型の学資保険として基本的な要素とも言える保障を備え、育英年金を特約で付加した場合は更に、満期終了まで育英年金を受け取ることができます。

また、こどもの怪我や病気なども幅広くカバーし、骨折やぜんそく、小児ガンなど所定の病気を保障する「こども総合医療特約」を付加することができるのが、心強いところです。明治安田生命

▲サイトトップへ戻る