元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 知って得する学資保険情報

スポンサーサイト


知って得する学資保険情報


気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

奨学金制度について

さて、学資保険に加入したのはいいものの、その保険料だけでとても教育費をまかなえない場合などはどうすればいいのでしょうか?そういった場合、「奨学金」に目を向けてみるのが良いでしょう。奨学金とは、家庭の経済的な理由からこどもの進学や修学が難しいとされる場合に、政府や地方自治体、民間、公益団体などから金銭の給付、貸与が行われるという制度です。これを受けるには家計の状態や成績、能力など条件がつきますが、経済的にこどもの教育費を補えない場合は奨学金の利用も視野に入れておきましょう。

しかし勘違いしてはならないのは、奨学金は返済しなければならないということです。奨学金にも第一種奨学金、第二種奨学金と種類があり、それぞれ給付金額の上限や利息に違いがあるので、この制度を利用する際は内容をよく検討した上で利用したいところです。

▲サイトトップへ戻る

教育ローンを活用しよう

こどもの教育費を学資保険だけで補えない場合は奨学金を利用するのもいいですが、もう一つ「教育ローンを利用する」という方法もあります。教育ローンとは、政府系金融機関の国民生活金融公庫により扱われるローンの一種で、銀行ローンよりも利息が安いところにその利点があります。この教育ローンには「教育一般貸付」と「郵貯貸付」、「年金教育貸付」の3つの制度が設けられており、それぞれ異なった内容を備えています。

また、国の教育ローン以外にも財形教育融資や民間の金融機関の教育ローンなど様々なローンが用意されているので、それぞれの特色を比較し、もっとも自分に適したローンを組みたいところです。ローンを組む際は、その内容や変動金利などから、数年後の自分の経済状況を見据えて選ぶことを心掛けましょう。

▲サイトトップへ戻る

通販保険について

インターネットの普及とネットワークの拡大により、保険の在りかたも徐々に変わりつつあります。各保険会社でもネットワークシステムやインターネットサービスを積極的に取り入れ、今ではインターネット上で学資保険に加入することもできてしまいます。

学資保険の内容そのものに関しては、各会社やプランの内容によってそれぞれ特色があり、一概にその良し悪しを判断することはできません。ですが、インターネットでの通販保険だと、一般的にコストが低くなるのが普通です。通販保険を利用すると、通常での保険に比べて人件費が大幅に節約され、保険会社としては契約者に有利な条件を提供しやすい状態となります。契約者への経済的負担も軽減しやすくなるため、学資保険に限らず保険の契約にはインターネットを利用するのも、一つの節約手段と言えるでしょう。

▲サイトトップへ戻る

学資保険に関する参考書

学資保険だけに関わらず、保険に対して正しい認識を持っている人は案外そんなに多くないのではないでしょうか。ここでは、保険についてより理解を深め、それにより保険との上手な付き合い方を身につけるために役立つ書籍をいくつか紹介します。

・これなら失敗しない「生命保険」商品&会社の選び方
鬼定佳世、田中琢志の両氏による書籍で、主に保険に関する基本的な知識を得るために必要な情報を中心に掲載されています。保険の仕組みや業界などについても分かりやすく説明がなされており、保険についてまったく詳しくない人でも抵抗無く入り込める一冊ではないでしょうか。

・ やっぱり危ない、生命保険の選び方─保険会社が損なことをすると思います?
藤原龍雄氏によるこの書籍は、保険への認識を改めるのに重宝される一冊と言えます。内容はやさしく保険初心者にも理解しやすい配慮がなされており、イラストなども豊富に用いて保険の解説がされています。保険という言葉を聞くだけで頭が痛くなるような人にも読んでもらえる一冊でしょう。

気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

▲サイトトップへ戻る