元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 無駄なく利用をするために

スポンサーサイト


無駄なく利用をするために


気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

幼稚園から選ぼう

こどもが自立心を養う場として初めに身をおく場所が「幼稚園」「保育園」です。最近では私立の幼稚園をあちこちで見かけますが、実際こどもが成長してきていざ幼稚園に入園する時期となると、その幼稚園の種類の多さに戸惑う方も多いのではないでしょうか。せっかく学資保険に加入して教育資金計画をしっかりと立てたのなら、無駄な出費を抑えるために幼稚園もきちんと選びたいところです。

幼稚園や保育園は、それぞれに個性的な特色があります。たとえば保育期間にしてみても1、2年の保育や3年保育と、その期間はさまざまですし、親が送り迎えをするところもあれば送迎バスが完備されているところもあります。幼稚園を選ぶ際は初めから一つに絞り込まず、2、3箇所の体験入園に行って判断したいところです。

▲サイトトップへ戻る

習い事はよく考えて

こどもの成長段階で必要とされる教育費として、習い事による月謝などの出費も無視はできません。一昔前は習い事と言えば書道にピアノ、そろばんと相場が決まりきった時代であったのに対し、現在ではめまぐるしい数のお稽古教室が存在しています。中には親のステータスのために、こどもにオシャレな習い事をさせるといったケースも見受けられますが、教育的にも経済的にも決して賢明なことであるとは言えません。こどもの習い事を選ぶ際もやはり学資保険を選ぶ時と同様、先を見越し、経済状況をよく考えた上で選びたいところです。

また、せっかくこどもに習い事教室に通わせたとしても、続かなければ何の意味もありません。選ぶ時は親の意向で一方的に決めるのではなく、きちんとこどもと話し合い、相談した上で決めたいところです。こどもに合った教室と巡りあうことができれば、こどもの成長の大きな助けとなるはずです。それでこそ親も月々の月謝を負担する意味があるというものではないでしょうか。

▲サイトトップへ戻る

目的意識を持った保険選び

言うまでもなく、学資保険は必ずしも利用しなければならないものではありません。そしてこれは何度も述べてきたとおり、利用する際は保険の重複などがないかよく確認をする必要があります。何のために学資保険を利用するのか、どこに重点を置いてプランを選ぶのか、保険加入前に是非とも明確に目的意識を持っておきたいところです。

すでに定期保険などで死亡保障などの保障面を十分にカバーできているのであれば、保障型の学資保険を利用する必要性はありませんし、さらに貯蓄を目的としていないのであれば、学資保険を利用する意味がありません。また、返戻率や保険料などもよく検討し、自分のプランに適さないと考えるなら学資保険以外での定期預金や一般口座での貯蓄などを利用するのも良いでしょう。

▲サイトトップへ戻る

無理の無い支払いを

さて、学資保険選びに関して、諸々の注意点はもう理解されたことと思います。やはり学資保険を最大限に有効活用するにあたり、もっとも重要な点となるのが月々の支払いです。せっかく保険に加入するのだから、いかなる場合にも備えてできるだけ内容を充実させたいと考えてしまう人も多いかと思いますが、それによって経済的な負担が大きくなり、生活そのものが苦しくなってしまうのでは何の意味もありません。

保険内容の充実は確かにできる限り望みたいところではありますが、自分にとって本当に必要なものが何なのか、それをよく見極めて保険に加入したいところです。上手な学資保険の選び方、自分に合ったプランの立て方をすれば、月々の支払いなどもそれほど苦ではなくなるでしょう。

気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

▲サイトトップへ戻る