元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 子供に合う学資保険を選ぶコツ

スポンサーサイト


子供に合う学資保険を選ぶコツ


気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

学資保険の満期

どの学資保険に加入しようかと悩んだ時、その一つの目安として保険の満期を参考にするという方法があります。この満期に関してはそれぞれの会社によって設定が異なりますが、大体17歳満期、18歳満期、20歳満期、22歳満期と、4種類に大きく分けられています。うち、大学進学の際に要する高額な入学金に備えて18歳を目安に満期を設定するのが一般的となっていますが、会社によっては受け取り時期が大学入学金支払いの時期に間に合わない場合もあるので、注意が必要です。

後々のプランに支障をきたさないよう、満期に関する設定、満期保険金の支払い時期などはきちんと確認しておきましょう。また、22歳満期を選択しても大学進学時に祝い金を受け取ることができるプランもあるので、大学入学金支払いのプランとしてそれらも頭に入れておくと良いでしょう。

▲サイトトップへ戻る

学資保険の満期受領額

さて、学資保険の満期も大切ですが、満期に受け取る「受領額」も気になるところです。学資保険を選ぶ際は受領額にも目を向けて見ましょう。満期に受け取ることができる金額は契約内容によって異なりますが、大体200万円から500万円内で設定されているものが多いようです。これは、学資保険の貯蓄、保障それぞれの内容や特約、付加的に設定されるサービスなどによって差が出てきます。

もちろん受領額が多くなると、月々の保険料の支払いも割高になるのは言うまでもありません。受領額は払込金に比例して大きくも小さくもなると考えて間違いではないので、学資保険選びの際は受領額と払込金のバランスをよく考えたいところです。また、受領額を少なめにして支払いによる経済的負担を軽減させても、保障面を充実させるとそれだけ保険料が高くなるので、そのことも頭に入れておきましょう。

▲サイトトップへ戻る

学資保険の保険料

学資保険に加入するなら、できる限りその内容を充実させたいと考えるのが人の心というものでしょうか。効率的な貯蓄計画、安心できる保障内容、祝い金などの嬉しい見返りなど、保険には魅力が一杯ですが、月々に負担しなければならない保険料のことを考えると、そうそう良いとこ取りばかりするわけにもいきません。

こどもがまだ小さなうちは養育費などもさほどかからないので、経済的に大きな負担を負うことはありませんが、小学校、中学校、高校、そして大学と、こどもが成長して進学するに従い、養育費や諸々の雑費などの支出が増えてきます。目先の経済状況だけに捕らわれずに、5年後、10年後と、先を見越して学資保険を選びたいところです。保険料の支払いが難しくなって学資保険を解約した場合、元本割れはもちろん、それ以上に大きな損失を受ける場合もあるので注意しましょう。

▲サイトトップへ戻る

返戻率をチェックする

学資保険に加入する際には、まず返戻率をよく把握しておく必要があります。これは学資保険のみに限らず全ての保険に言えることで、この返戻率が最終的な保険選びの決定打になる場合も多いはずです。返戻率というのは、「支払った保険料に対して、戻ってくる金額」を指します。たとえば、10000円の保険料の支払いに対し12000円が戻ってくるとなれば、返戻率は120%であると言えます。逆に返戻率が98%など100%を切っている物は最終的に元本割れとなり、貯蓄目的での学資保険の利用者にはあまり向いていない形となります。

また、返戻率とともに保障を目的とした保険の場合には掛け金もチェックしましょう。保障内容を充実させればさせるほど、保険料は高くなります。保障を目的とする場合は怪我や事故、災害などに重点を置いた掛け金が安い商品を選ぶのが賢明と言えるでしょう。

▲サイトトップへ戻る

目的を明確にする

単純に学資保険とは言っても、商品の組み合わせやプラン次第で、様々な用い方をすることができます。漠然とした考えでいざ保険選びを始めると、戸惑うことが多いのではないでしょうか。その結果、間違った保険選び、間違った加入をしてしまうかもしれません。そのようなことがないように、学資保険を利用する際はその目的をはっきりと明確にしておきたいところです。

「教育資金作りのために学資保険に加入するのか」「それともこどもの怪我や病気などに備えるために利用するのか」と、目的によって選ぶ保険も違ってきます。また、それぞれの保険会社によって、学資保険の商品内容はもちろんサービスの内容などにも違いがあります。自分達のプランに本当に合った学資保険を選ぶために、まずは利用の目的を明確にしましょう。

▲サイトトップへ戻る

現在の保険加入状況を見直す

学資保険の商品内容が充実しているのは、親としては非常に嬉しいことですね。特に最近では多種多様の充実した学資保険が各会社によって用意され、利用者としてはどれを取っても魅力的な内容のものばかりです。ですが、学資保険を選び始める前にまず確認しておきたいところがあります。それは、現在の自分達の保険加入状況です。

たとえば学資保険の育英年金は契約者やその親の死亡時に、毎年一定の金額が支払われるという内容のものですが、しかし現在では大体の所、親が既に死亡保障などを扱う何らかの保険に加入しているケースが一般的です。その上に育英年金が支払われる学資保険に加入した場合は、同様の保険に重なって加入することになり、無駄な支払いをする羽目になってしまいます。保険を上手に利用するためにも、現在の保険の加入状況はきちんと把握しておきたいところです。

気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

▲サイトトップへ戻る