元保険事務員が教える元保険事務員が教える初めての学資保険選び

TOPページ > 学資保険の基礎知識

スポンサーサイト


学資保険の基礎知識


気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

学資保険とは

学資保険とは、こどもの教育費を親が計画的に貯蓄することを目的とした、貯蓄性の高い保険のことを言います。親が契約者、こどもが被保険者となり、小学校や中学校、高校などの入学時にお祝い金がもらえるタイプや、18歳や20歳などの一定の年齢に達した時に満期保険金を受け取ることができるタイプなどがあります。また、保険期間中に契約者が死亡した場合はそれ以後の保険料の支払いは免除され、商品によってはこどもの死亡時に保険金を受け取ることができるタイプなどもあります。

つまり学資保険とは、親やこどもの万一の時に備えると同時に、計画性を持ってこどもの教育資金を準備するための保険ということができます。保障内容は保険会社によって異なってくるので、内容をよく確認した上で、自分達にもっとも適した保険を選びたいところです。

▲サイトトップへ戻る

こどもにかかる教育費(幼稚園~大学まで)

学資保険に加入する前に、こどもの教育費がどのくらいかかるのものなのかについて知っておきたいところですね。こどもが生まれて最初に直面するのが幼稚園の教育費です。幼稚園にも公立・私立があり、それぞれにかかる費用も違いますが、年間でかかる費用は公立で約25万円前後、私立で約50万円前後となっています。

小学生になると学校外での活動(習い事、スポーツクラブなど)での出費が増し、公立学校での年間平均教育費は30万円前後となります。中学校となると更にクラブ活動での合宿や遠征、学習塾などの費用が重なり、公立での年間教育費が約45万円、私立となると実に125万円を切る教育費が求められます。更に高校となると、中学校と比較して教育費が高い場合が普通であり、公立では約50万円、私立では年間平均費用が約100万円となります。大学に関しては国立、公立、私立によって費用に差があるものの、受験費用から始まって教育費は100万円から200万円以上かかるのが普通です。

▲サイトトップへ戻る

学資保険を選ぶ前に

学資保険に新たに加入する前に、まずは現在加入している諸々の保険についての見直しをする必要があります。いくらこどもの教育の手助けとなってくれる学資保険と言えども、月々の各保険料の支払いが重なって家計が火の車になるのであっては、保険に加入する意味もありません。

これまでに加入した保険を見直すと共に現在の家計状況もしっかりと把握してから、学資保険を見つめなおしたいところです。また、家計ももちろん大切ですが、加入済みの保険の内容によっては、学資保険との保障が重なってしまう場合もあります。そうなると支払いが余計にかさむ上に、無駄な保障、無駄な出費となってしまいます。学資保険に加入する前に、もう一度加入済みの保険の内容を見直してみましょう。

▲サイトトップへ戻る

学資保険は本当に必要?

学資保険への加入はこどもを持つ親に特に義務付けられているわけではありません。保険料の支払い自体が生活苦になったり、また、学資保険への加入の必要性を見出さない場合は、利用しなくても何ら問題はないのです。しかしやはり、こどものために少しずつでもお金を貯めて、ゆとりのある資金計画を立てたいと考えるのが普通でしょう。

学資保険はこどもの教育資金の積立を手助けするための保険です。こどもの成長段階でどのような時期に、どれくらいの資金が必要となるかを理解し、月々の保険料の払込額や現在の保険の加入状況、また、利用する学資保険の内容などをきちんと把握した上で加入したいところです。また、学資保険は貯蓄型の保険ではありますが、貯蓄を目的としない種類の保険もあることを心に留めておきましょう。

▲サイトトップへ戻る

学資保険とこども保険の違い

学資保険とともによく「こども保険」という言葉を耳にしますがが、学資保険とこども保険の違いは一体どのようなところにあるのでしょうか。 まずは学資保険ですが、これは[学資保険とは]でも述べたとおり、計画的にこどもの教育費を貯めることを最大の目的とした保険です。一般的に学資保険は家庭の教育資金計画に基づいた貯蓄重視型の保険であるのに対し、「こども保険」は貯蓄よりも保障に重点を置いた内容となっています。

こども保険では諸々の教育費を含め、そのほかに医療保障や死亡保障なども扱っている場合が多く、こどもに関する総合的な保険であると言うことができます。とは言え、最近では各保障を設けた学資保険が登場し、逆に貯蓄型としての特色を強めたこども保険などもあるので、学資保険とこども保険の明確な区別化は難しいと言えます。保険を選ぶ際はその名称や種類よりも、内容をよく把握する必要があるでしょう。

▲サイトトップへ戻る

学資保険加入のタイミング

学資保険と一言で言っても、その種類によって入ることが可能な時期やサービスの内容は様々です。ですが総合的に、保険料の支払い期間を長く設定すればするほど月々の保険料支払いの負担が小さくなるため、できることならこどもが小さなうちに加入しておいた方が賢明であると言えるでしょう。

こどもが0歳の時に学資保険に加入した場合、こどもが3歳の時点で加入するよりも払込期間が3年も長くなります。また、学資保険では幼稚園や小学校などの入園時、入学時にお祝い金が支払われるタイプのものがありますが、教育段階でもっともお金がかかる高校、大学に焦点を合わせて備えた方が、後々の据え置き利息のことなどを考慮するとお得かも知れません。出産の時期は何かと都合がつきづらくなりがちですが、出産前から加入することができる学資保険などもあるため、出産前からしっかりと保険について考えておきたいところです。

▲サイトトップへ戻る

学資金の税金について

学資保険と税金の関係を理解するには、保険について多少の予備知識が必要とされます。まず理解して欲しいのが「学資保険も生命保険料控除の対象になっている」ということです。生命保険料控除というのは、年末調整や確定申告の際に、所得から支払った金額に応じ住民税と所得税が控除されるというものです。

学資保険の年間での支払い保険料と控除額は、支払った保険料が25000円以下であれば全額、25000円以上50000円以下であればその半額+12500円。50000円以上100000円以下でその1/4の額+25000円。100000円以上で50000円となっています。 また、こどもの入園時や入学時に支払われる祝い金に関しても、契約者(親)の一時所得となるので、所得税の対象となることを覚えておきましょう。

気になる保険を速攻比較-カンタン保険料シミュレーション
カテゴリーにチェックを入れ年齢と性別を選んで気になる保険料を簡単比較!



保険料シミュレーション START!

▲サイトトップへ戻る